美容師関連の情報を収集してます


by 5fbutapnpj

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 被害者から有効期間内に告訴状を受理するのを忘れ、うその書類作成日を記載したとして、千葉県警我孫子署は5日、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで、元同署刑事課の男性警部補(37)=現・成田国際空港警備隊所属=を千葉地検松戸支部に書類送検した。
 県警監察官室は同日、警部補を減給とする懲戒処分を発表。同室によると、「認識不足で軽率な行動を取ってしまい、深く反省している」と話しているという。
 警部補の送検容疑は、我孫子署刑事課の強行犯担当係長だった昨年1月14日、器物損壊事件被害者の告訴状を作る際、うその作成日を記載させるなどした疑い。 

【関連ニュース】
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為
巡査長らを停職処分=護送中の男逃走
警部補、女子高生盗撮で逮捕=被害多発場所、鉄警隊員警戒中に
埼玉県警巡査を逮捕=女子大生の腹殴り、触る

石川議員起訴なら辞職勧告案=提出で一致−自公国対委員長(時事通信)
「掲示板は生活の重要な一部」事件直前まで書き込み続け(産経新聞)
地上100m!橋下知事、通天閣で豆まき(読売新聞)
<首都圏連続不審死>木嶋容疑者を送検へ(毎日新聞)
ブログに誘導、巧みに金無心…木嶋被告(読売新聞)
[PR]
by 5fbutapnpj | 2010-02-06 06:03
 鳥取県警は28日、鳥取市の電器店経営・円山秀樹さん(当時57歳)を殺害したなどとして、強盗殺人の疑いで同市の元スナック従業員・上田美由紀容疑者(36)を再逮捕した。同容疑者は容疑を否認している。

 上田容疑者は円山さんと知り合った店を含め、違う時期に鳥取市内の複数のスナックで働いていた。そこで知り合った男性客のうち、10人ほどと親密に交際。男性らから約1000万円の借金を重ね、なかでも08年春まで同居していた男性には500万円以上の借金があった。

 この男性は上田容疑者と数年間、鳥取市内のアパートで同居。入籍はしなかったが、上田容疑者の子供5人と暮らしていた。この間、男性は当時の妻に慰謝料を支払って離婚。男性は上田容疑者と同居していた間、実家に頼るなどして上田容疑者に金を貸していたが、全く返済されていないという。

 その後、上田容疑者が詐欺容疑で同容疑者とともに起訴された同居の男と付き合うようになったため、男性はアパートを出た。関係者は「(上田容疑者の)金と男にルーズな性格にあきれ果てて、出て行ったようだ。今から思えば、いい決断だったと思う」と話す。男性は借金が原因で現在、実家とも疎遠になり、鳥取市内でひっそりと暮らしている。高校中退した上田容疑者は県内の工場に勤務していたが、数年で退職。その後、2度の結婚と離婚を繰り返し、5人の子供を出産。昨年11月に詐欺容疑で逮捕されるまで、鳥取市内のアパートで5人の子供と、ともに起訴された男との7人で「散らかり放題のゴミ屋敷」(関係者)で同居していた。



 【関連記事】
鳥取県警 強盗殺人 ゴミ屋敷 を調べる

支持率減、小沢氏聴取響く=岡田外相(時事通信)
トラックと衝突の乗用車が歩道に、2人死傷(読売新聞)
奈良高校で南極観測隊直結のテレビ「南極授業」(産経新聞)
<山口大>2学部で不正経理1億円超 「預け金」の疑い(毎日新聞)
<南極観測隊>同行教諭、昭和基地から理科の授業(毎日新聞)
[PR]
by 5fbutapnpj | 2010-02-05 09:10
 鳥取県警は28日、鳥取市の電器店経営・円山秀樹さん(当時57歳)を殺害したなどとして、強盗殺人の疑いで同市の元スナック従業員・上田美由紀容疑者(36)を再逮捕した。同容疑者は容疑を否認している。

 上田容疑者は円山さんと知り合った店を含め、違う時期に鳥取市内の複数のスナックで働いていた。そこで知り合った男性客のうち、10人ほどと親密に交際。男性らから約1000万円の借金を重ね、なかでも08年春まで同居していた男性には500万円以上の借金があった。

 この男性は上田容疑者と数年間、鳥取市内のアパートで同居。入籍はしなかったが、上田容疑者の子供5人と暮らしていた。この間、男性は当時の妻に慰謝料を支払って離婚。男性は上田容疑者と同居していた間、実家に頼るなどして上田容疑者に金を貸していたが、全く返済されていないという。

 その後、上田容疑者が詐欺容疑で同容疑者とともに起訴された同居の男と付き合うようになったため、男性はアパートを出た。関係者は「(上田容疑者の)金と男にルーズな性格にあきれ果てて、出て行ったようだ。今から思えば、いい決断だったと思う」と話す。男性は借金が原因で現在、実家とも疎遠になり、鳥取市内でひっそりと暮らしている。高校中退した上田容疑者は県内の工場に勤務していたが、数年で退職。その後、2度の結婚と離婚を繰り返し、5人の子供を出産。昨年11月に詐欺容疑で逮捕されるまで、鳥取市内のアパートで5人の子供と、ともに起訴された男との7人で「散らかり放題のゴミ屋敷」(関係者)で同居していた。



 【関連記事】
鳥取県警 強盗殺人 ゴミ屋敷 を調べる

募集人員は10万12人=国公立大入試で訂正−文科省(時事通信)
鳥取不審死 殺害当日にあの同居男の車を確認 上田容疑者は姿見せず(産経新聞)
東京消防庁が救急搬送ミス 5カ所断られた男性死亡(産経新聞)
新幹線停止 ボルト付け忘れ パンタグラフ 部品外れ架線切断(産経新聞)
鹿児島・屋久島、縄文杉への登山道通行止め(読売新聞)
[PR]
by 5fbutapnpj | 2010-02-04 09:50
 鳩山由紀夫首相は1日夕、日本相撲協会の理事に貴乃花親方が当選したことについて「非常にいいんじゃないかなと思う」と感想を語った。また、「選挙で選ばれたことは、角界に新しい風を起こしたのではないか。今いろいろと相撲協会も取りざたされているので、公平公正なルールで理事が選ばれるシステムをつくろうとしたことは良かった」と指摘した。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕美人すぎる市議 藤川ゆり
〔写真特集〕華麗なる仏大統領夫人 カーラ・ブルーニ
小沢氏進退「本人が判断」=鳩山首相
「小沢独裁」を否定=社会保障円卓会議は消極姿勢

<偽装献金>鳩山首相の不起訴不当、審査申し立て(毎日新聞)
東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)
美少女フィギュア万引きの警部を略式起訴(産経新聞)
山崎拓氏・片山元総務相ら公認せず…自民決定(読売新聞)
<湯沸かし器中毒死>東邦ガスとパロマ 遺族と和解が成立(毎日新聞)
[PR]
by 5fbutapnpj | 2010-02-03 11:01
 1910(明治43)年の大逆事件で処刑された社会主義者ら12人のうち唯一の女性、管野スガ(須賀子、1881〜1911)が同じく処刑された幸徳秋水(1871〜1911)の救済を求め、獄中からひそかに新聞記者に送った書簡が、千葉県我孫子市で見つかった。当時の検閲を恐れてか、書簡は何も書かれていない白い和紙に見えるが、針で細かい穴が開けられており、光にかざすと文字が浮かぶ。今年は事件から100年。研究者から「これほど長く極秘に保管されていたとは」と驚きの声が上がっている。【武田良敬】

 書簡は、朝日新聞記者として活躍した杉村楚人冠(そじんかん)(1872〜1945)の旧宅の居間にある書棚から発見された。秋水の同志で、同居していたこともあるスガが「自分たちは近く死刑宣告を受けるので、よく調べてほしい。秋水に弁護士をつけてほしい」と訴える内容。末尾で「彼は何も知らぬのです」と秋水の無罪を訴えている。日付は6月9日と記されている。

 書簡はきれいに16折にされ、封筒に入っていた。「6月11日東京・牛込局」の消印で差出人は不明。当時、スガや秋水は獄中で取り調べを受けており、書簡が届けられた経緯は不明だが、我孫子市教育委員会の小林康達調査員は「私外(ほか)三名」といった文面からスガ自身がつづった可能性が高いと分析。「歴史のドラマそのものだ」と話す。

 楚人冠は秋水の古い友人で、スガとも知り合いだった。事件後も欧州特派員などとして活躍したが、書簡については生涯沈黙し、ひそかに保管していたとみられる。

 大逆事件に詳しい山泉進・明治大副学長(政治思想史)の話 100年間も極秘に保管されていたのは驚きだ。大逆事件関係者の思想や人間性を再評価するうえで、極めて貴重な資料だ。

 ◇書簡の全文◇

京橋区瀧山町

 朝日新聞社

  杉村縦横様

    管野須賀子

爆弾事件ニテ私外三名

近日死刑ノ宣告ヲ受ク

べシ御精探ヲ乞フ

尚幸徳ノ為メニ弁ゴ士

ノ御世話ヲ切ニ願フ

  六月九日

 彼ハ何ニモ知ラヌノデス

※「縦横」は楚人冠の筆名

iPhone使いフリーライター 小沢会見ネット中継に成功(J-CASTニュース)
CBC、やらせの街頭取材「通行人」は関係者(読売新聞)
外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)
国家公安委員長「リークある」に中立危ぶむ声(読売新聞)
鳥取連続不審死 県警、殺害当日に上田美由紀容疑者を尾行(産経新聞)
[PR]
by 5fbutapnpj | 2010-02-02 14:03
 岩手県人は寒さに強い――。気象情報会社「ウェザーニューズ」(東京)が行った調査で、そんな分析結果が出た。

 冬場に着込む防寒着やマフラーなどの数を比較したところ、岩手県人が全都道府県で最も薄着だった。

 調査は先月21〜23日、全国の6767人を対象に、携帯サイトを通じて行った。調査当日に着ていた服やマフラー、耳当てなどの数を調べ、その日の朝の気温との相関性を分析した。

 その結果、調査対象全体から同社が算出した衣類の標準個数に比べ、岩手県はマイナス0・94個で、同じ気温であれば、全国平均よりほぼ1枚薄着でいることがわかった。和歌山県がマイナス0・74個、沖縄県がマイナス0・67個で続いた。

 逆に、全国で最も寒がりだったのが秋田県(プラス1・16個)で、3位に山形県(同1・06個)が続き、同じ東北地方でも両極端の結果となった。

 コート購入時の平均価格の調査も行われ、1位の東京都(2万847円)に対し、岩手県は1万3350円で30位だった。

朝日新聞に「阿含宗のイベント」 大手マスコミ「宗教広告」増加?(J-CASTニュース)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
八王子夢街道駅伝 応援はハンカチふって エコ配慮(毎日新聞)
民活開発、大誤算 テナント6割埋まらず 昨年開業複合施設 豊中市「困った」(産経新聞)
[PR]
by 5fbutapnpj | 2010-02-01 09:46